平日の夕食を手早く作る方法 

今回は、忙しい主婦が手早く美味しい料理を作る技術・情報をレポートします。

調理 野菜

筆者は学生の時に、レストランでコックのバイトをしていた経験があります。
学生時代は昭和50年前後でしたので、冷凍食材はありませんでした。

当時は、すべて仕込みから作っていましたので、タマネギの刻みや、ジャガイモむきをペティーナイフを使ってやっていました。

あわせてレストラン厨房の必需品は、大きな寸胴鍋に鶏がらと野菜で作ったスープでした。

このスープから、当時の洋食のメニューがすべて出来上がっていきました。それくらい美味しい料理のベースはこのスープだったとおもいます。

そこで、美味しい料理を手早く作る手立ての基本は、美味しさのベースの鶏がらスープを、休みの日などを利用して作り置きをしておくことです。

すると平日はこの秘伝スープをうまく使ってお子様もビックリの料理ができます。

1.すべての料理に使える「鶏と野菜スープ」

必要食材:骨付き鶏もも肉 4本以上、タマネギ 2個以上、ニンジン 2本以上、セロリ 2本以上、その他家にある残りものの野菜

●大きな鍋に食材がつかるだけの水をいれて1時間以上煮込む。

●鶏もも肉スープとして当日食べて、その残りを下ごしらえのスープに使う場合は、クレイジーソルトを鶏もも肉にすり込み冷蔵庫で一晩寝かせて使うと、当日の「塩鶏もも肉 スープ」が出来上がります。残りをタッパに小分けして冷凍しておきますと、翌日からの美味しいベースのスープができます。

 

鶏肉のスープは癖がありませんので、和洋中のすべての料理に使えます。たとえば、下記はこのスープを使った料理の一例です。

日曜日:「塩鶏と野菜スープ」 上記レシピで
月曜日:ウインナーと缶詰のビーンズを使って自家製ミネストローネ
火曜日:卵とじを加えて中華風スープとして活用
水曜日:残りのスープを使ってカレーにして、鶏がらスープの隠し味の効いた美味しいカレーにして使い切る

 

※スープを休みの日に大量に作っておくと、もっとレパートリーは増えます。
小道具として、鶏肉や野菜入りで冷凍保存するタッパと、スープだけ保存する容器(500ミリリットルのペットボトル)などを使って作れるときにたくさん作って冷凍しておくのがコツです。

 

2.何でも使える豚肉・ミンチ肉の活用した手早い料理

肉料理を手早くやるには、同じように休みの日に下ごしらえをして冷凍しておくと、お子様大好き肉料理ができます。

●ハンバーグなどのひき肉は、休みの日に冷凍しておく。

●カツレツなどは、小麦粉・卵・パン粉までつけて冷凍しておき、料理する当日の朝に、パン粉を敷いたトレイに載せ冷蔵庫解凍しておくと、夕食の時には解凍して出た水分をパン粉が吸収して、サクサク感のあるカツレツが出来上がります。

●冷凍したハンバーグを上記カツレツと同じように準備して料理すると、ミンチカツの出来上がり。これも手早いですよ。

 

3.裏技、味の落ちない解凍技術

冷凍した食材をうまく使って、手早く美味しい夕食を作る情報をレポートしていますが、冷凍食材を解凍するのは、手間がかかるのと、ここで解凍方法を間違うと料理が台無しになりますよね。

一番避けたいのは、電子レンジの解凍ですね。
電子レンジは表面が解けて生煮えになったり、また、中はまだ凍っている場合がありますよね。

基本は冷蔵庫での冷蔵解凍です、味はこれに勝るものなしです。

 

でも、夕食の準備を朝忘れることってありますよね…

その時の、最後の裏業は、電子レンジを使わず、フライパンを使った直焼です。

手順は、フライパンにオリーブオイルを敷いて、冷凍した魚やお肉を置き、フライパンの蓋をしてソテーすると、うまみも逃げずにうまく焼けます。

ここでのポイントは、フライパンでの蒸焼です。くれぐれも蓋を使用しないソテーは、中味が焼けていない可能性がでてくるのでしないでくださいね。

また、ガスレンジ、IHレンジにある魚焼用のグリルは、冷凍食材の直焼には使えませんので、これも覚えておくといいと思います。

 

4.手早い調理方法のコツ

調理のときの包丁、まな板の洗浄は手間がかかりますよね。
なにも考えてないと主役のお肉やお魚から手をつけてしまいます。

そうすると魚の臭いのついた包丁や、まな板を野菜などを切るときに洗わなければいけなくなります。

コツは、包丁、まな板を洗わない調理を心がけることです。

一番先に今日使う野菜を切り、次がお肉、そして最後がお魚と、はじめから考えて切っていき、その日に使うものは一気に切り上げてしまうことです。
同じように、フライパンなども汚れづらい料理から調理して、途中で洗わなくてよいようにしておくと、手早くできるようです。

 

今回の情報を参考に、手早く美味しい料理を愛するご家族に出してみてくださいね。

さすがお母さん、ときっと言われると思います。また、料理の水をクリクラに変えるだけでワンランク上の美味しい料理になりますので、ぜひ、試してくださいね。

 

 

クリクラ1週間無料お試しはこちらからどうぞ

無料お試しお申込み

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ