熱中症対策は塩飴で

7月に入り、蒸し暑い日が続いていますね。

水分補給を心掛けていても、気が付かないうちになってしまうのが熱中症です。

今回は近づく本格的な夏に備えて、熱中症対策にクリクラ社員おすすめの塩飴についてまとめました。

 

熱中症対策は塩飴で!

熱中症対策には、水分と一緒に塩分を摂ることも大切です。

この時期、熱中症対策として、多くのメーカーから売り出されている塩飴。

塩飴1粒とコップ1杯分のお水を飲むと、0.1%~0.2%の塩分濃度の飲料を飲んだ計算になるそうです。

これはスポーツドリンクの塩分濃度と同じとなります。

目安としてはミネラルウォーター500mlに対して、塩飴2個程度の組み合わせで食べていくのがいいようです。

※塩飴の種類、成分により異なる場合もあります。

 

1位はどれ?クリクラ社員塩飴人気投票!

クリクラ南九州のスタッフも、日頃から外回りの際には、熱中症予防で塩飴を持ち歩いています。

そこで今回は、クリクラ社員を中心に人気の塩飴はどれか、投票を実施してみました。

ちなみに味は、春日井の塩飴、塩レモン、小梅、男梅、森永塩キャラメル、マックスバリュー塩キャラメル、塩の花、塩分チャージタブレッツ、塩サイダー、塩ミルキーの10種類です。

 

第1位 塩サイダー(UHA味覚糖)
●社員の感想●
・塩味がうすく食べやすい
・シュワシュワ感がいい
・さっぱり、すっきりとする

 

第2位 塩レモン(アサヒグループ食品)
●社員の感想●
・さわやか
・あと後口スッキリ

 

第3位 男梅(ノーベル製菓)
●社員の感想●
・梅の味が濃い
・甘酸っぱく、さっぱりしている

 

以上が塩飴の社内試食評価結果でした。

ぜひ参考にしてください。

あわせて行った社員の熱中症の体験に関するアンケートでは、30名中11名が熱中症のような症状になったことがあると回答がありました。

実に36%の社員が熱中症の体験があるという回答です。

すごい確率ですよね!

 

今から本格的な夏になり、熱中症の発生が多い季節になりますので、くれぐれもクリクラで水分補給して、お出かけには塩飴をご持参ください。

 

クリクラお試し

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ