賢い洗濯術

衣替えのシーズンがやってきました。

一昔前は5月に入ってで充分間に合ったのですが、最近は温暖化の影響でしょうか少し早くなっていますね。

タンスから洋服を出したら「黄ばんで着れない」とがっかりする事も。

そこで、今回は衣替えの前に賢い洗濯術をご紹介します。

 

洗濯

 

洗濯は「押し洗い」!

衣類は洗えば洗うほど傷んでいくものです。

特に洗濯機で洗うと傷み、消耗は激しいものです。大事なものほど、押し洗いで洗いましょう。

 

シャツの汚れをきれいに?

毎日着るシャツ。襟汚れって、汚れがどんどん蓄積されて中々取れなくなってきますよね。

襟汚れをきれいにするコツは、「酸素系漂白剤」を使うことだといいます。

方法としては、まず襟の黄ばんだ部分をお湯で濡らします。

そこに酸素系漂白剤を付け、更にお湯で濡らしてから、しばらく置いておき、後は洗濯機で洗うと良いそうです。漂白剤を浸透させる時間は長ければ長いほどGOODです。

 

冬物を上手に洗うには?

冬物製品を家で洗うといえば、代表されるのはやはりセーターですよね。

セーターは直接肌に当たる部分が少ないので、埃による汚

れが大半。

家庭で洗う場合は、ウール洗い用の洗剤を使い、洗濯機を使わず、バケツに入れて押し洗いするのが一番です。

 

押し洗いをして、かるく絞った後は家庭用乾燥機で2~3分まわすとシワが伸びて、ふんわりと仕上がります。

 

ポケットの掃除は?

洗う前に、衣類をチェックする「前処理」が大事です。

前処理での重要ポイントはポケット。ポケットの中をきちんと掃除してから洗濯をする。

ポケットの掃除は意外と盲点であり、ちゃんと掃除をしている方は少ないはず。

これは埃から汚れが出て、水全体が汚れるのを防ぐためなのです。特にカーディガンやブレザーなどは要チェックです。

 

油シミをきれいに落とすには?

小さいお子様がいるお宅には特に油シミは多いものですよね。これも中々落ちず、本当に困ってしまいますよね。

こんなときの裏ワザ!

実は油分を分解する力がある「食器用洗剤」を使用することです。

シミ部分に少しだけ食器用洗剤を塗ります。そして、指先で軽くもんだ後、洗濯機で洗います。ポリエステルや綿素材のものは丈夫で熱にも強いので、落ちやすいのです。

 

クリーニング店を上手に使う!

大事な衣類ほど、実はクリーニング店におまかせした方がいいのです。

やはり、そこはプロ。衣類の素材に一番適した洗い方をしてくれるからです。

更に、季節物など、大体の人はシーズンが終わったらクリーニングに出しますよね。

実は1シーズン着続けると結構汚れが溜まってしまいます。お値段が少々かかりますが、1シーズンに最低でも2回ほどはクリーニングに出すのがオススメ。

特に、コートやダウンコートなどは家庭では絶対洗えないものです。まめに出すのがよいでしょう。大切で長く着たい物ほど、こまめにクリーニングを利用してみましょう。

 

良いクリーニング店の見分け方、それは、洗濯後の洋服のポケットを確認して、しっかり掃除してくれるお店はやはり仕事が丁寧なのだとか!

クリーニングから戻ってきたら一度チェックしてみてください。

 

クリクラ1週間無料お試しはこちらからどうぞ

無料お試しお申込み

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ