おいしい水の基準

本来、水は無味無臭です。

雨水を調べてみても蒸留水に近く、ミネラル成分などほとんど含んでいません。

ですが、水を飲んだ時、なぜか違いがでできます。
今回は、おいしい水について調べてみました。

雨水は地球上に降った後に、いろいろな地質層や岩石層の狭い隙間に浸み込んで、ミネラル成分(カルシウム・マグネシウムなど)を溶かし込みます。

安全な水

ミネラル

水に味があるということは、純粋なH₂Oではなく、鉱物分などを溶かし込んでいるからなのです。
天然ミネラル水の中には、岩盤の鉱物、苔や藻などの微生物など実に500種以上の物質がほどよく溶け込んでいます。
(もちろん、微生物が多量に存在するような水は飲料に適しません。)

 

硬度

水には軟水と硬水があり、水に含まれているミネラル成分(カルシウム、マグネシウムの含有量)によって分けられます。
1リットル中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされています。
この硬度は水のおいしさを決める大きな要素の一つです。

 

では、おいしい水とは、一体どんな水でしょう。一般的なおいしい水の基準を見てみましょう。

 

おいしいお水の秘訣!7項目

水のおいしさは以下の7つの項目によって決められています。

水質項目内容おいしい水の基準値クリクラの基準値
蒸発残留物カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・鉄・マンガンなどのミネラル量です。ほどよく含まれていると水の味がまろやかになり、多すぎると渋みや苦みを感じるようになります。30~200mg/ℓ40~80mg/ℓ
硬度カルシウム・マグネシウムの含有量のことでミネラルの主成分です。硬度の低い水はくせが無く、硬度が高すぎると好き嫌いがでます。10~100mg/ℓ29.7mg/ℓ
遊離炭酸水に溶けた炭酸ガスのことで、たくさん含まれていると炭酸飲料のような刺激感を与えます。3~30mg/ℓ基準値を設けていません
過マンガン酸カリウム消費量水中の有機物濃度の指標となる数値です。これが多いとカビ臭などの異臭異味を与えます。30mg/ℓ以下30mg/以下
臭気度測定する水を無臭の水で希釈し、無臭なった時の希釈倍率をいいます。3以下3以下
残留塩素消毒殺菌に使用された後に残っている残留塩素量です。水道法では蛇口から出ている水に0.1mg/ℓ残留することが定められています。0.4mg/ℓ以下検出されないこと
水温10℃~15℃の水は人に最も清涼感のある「おいしさ」を感じさせるといわれています。20℃以下ウォーターサーバーの冷水温度は10℃前後に設定しています。

クリクラのミネラルバランス

*クリクラは、RO(逆浸透膜)でろ過した、きれいな水にミネラル成分をバランスよく加えた水です。
上記の表で分かるように「おいしい水」の基準の7つの項目をクリアしています。

*クリクラではゼロミッションの実現のため、リターナブルボトルを使用しています。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【ゼロミッション】異なった業種間共同で地球の限られた資源の使用効率を高め、廃棄物(エミッション)がゼロになることを目指すという考え方(三省堂デイリー新語辞典)

 

クリクラお試し

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ