備蓄水ってどのくらい必要なの?

防災

東日本大震災以降、備蓄水や防災グッズを用意する方が増えたようです。

クリクラユーザーの皆さまもお水の蓄えに関してはバッチリという方も多いかもしれませんが、備蓄水とは、実際にどれくらいの量を用意したら良いのでしょうか?

一般的に、地震災害の場合、最低限必要とされる水の量は、
1人あたり 一日3リットル × 3日分 = 9リットルといわれています。

つまり、4人家族の場合、9リットル × 4人分 = 36リットル
クリクラ水(12リットル入り)に換算すると、ボトル3本分に相当します。

これは飲食用として私たちが必要とする水分量の目安ですので、その他、衛生用・トイレ用などに利用があることを考えると、多めに蓄えるほうが好ましいといえます。

ボトルの保管

クリクラ水だと、備蓄も大変簡単です。
残りの本数に余裕を持って次の注文を入れていただくだけで、普段のご利用にはもちろん、突然の災害時にも活躍します。

古いお水から順に飲んでいきますので、賞味期限を切らす心配もありませんし、常に新しいお水をストックしていられるので便利です。

まだまだ、寒い冬が続きますので、今一度、ご自宅や職場の防災対策について、見直してみてはいかがでしょうか。

 

クリクラお試し

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ